佐賀大学経済学部 Faculty of Economics. Saga University

刊行物

研究叢書

佐賀大学経済学部教員(佐賀大学経済学会員)の研究成果をまとめて、刊行しています。

佐賀大学経済学会叢書〈22〉
早川 智津子 経済学部・教授 外国人労働者と法-入管法政策と労働法政策- 信山社 2020年3月
佐賀大学経済学会叢書〈21〉
岩本 諭 経済学部・教授 競争法における「脆弱な消費者」の法理
-顧客誘引に対する規制と規律の複線化の考察-
成文堂 2019年9月

佐賀大学経済論集

佐賀大学経済学部教員(佐賀大学経済学会員)の論文を1年間に4号(Vol.49以降)刊行していきます。Vol.37_No.3以降、論文の査読制度を導入し、審査を行っています。Vol.48までは、1年間に6号刊行していました。執筆内容は個々の執筆者の見解であり、当学部の見解を示すものではありません。

佐賀大学機関リポジトリ『佐賀大学経済論集』

CRES Working Paper Series

地域経済研究センターでは、経済学部教員の個人研究や共同研究に基づく、新しいアイデアや知見の迅速な発信による活発な議論の喚起を目的として、基本的に学外の(国内外の)学会誌などへ投稿前の論文草稿を公開しています。執筆内容は個々の執筆者の見解であり、当センターの見解を示すものではありません。
※Noteには、WPを投稿し採択された(国内外の)学会誌などの収録先などを記しています。学会誌などに収録されたWPは表紙とAbstract(要旨)を掲載しています。なお、査読の過程で、タイトルなどに変更があることがあります。

2020年度
No.タイトル/著書Note
FY2020-03 交通弱者の移動手段の確保と交通事故防止対策の構築-佐賀県の地方自治体の調査から-
内山真由美・亀山嘉大
FY2020-02 インバウンド振興は地方都市の地域活性化に寄与したのか?-観光マーケットポテンシャルによるパネルデータ分析から-
亀山嘉大
FY2020-01 九州・沖縄管区における港湾後背地のマーケットポテンシャルと港湾の利活用
亀山嘉大
2019年度
No.タイトル/著書Note
FY2019-06 アクティブシニアの移動手段と身体活動量-佐賀県在住者の日常生活と非日常生活(旅行)の比較から-
亀山嘉大
『交通学研究』63, pp. 79-86, 2020年(国内学会誌)
FY2019-05 外国人の宿泊要因についての実証分析-佐賀県の宿泊施設を事例として-
野方大輔
『交通学研究』63, pp. 103-110, 2020年(国内学会誌)
FY2019-04 Feminization of International Migration from Asian Countries to Developed Countries and the Affect of Remittance on International Female Migration
Tahmina Shahzadi
FY2019-03 佐賀県内の事業者を対象とした電子決済に対する意識調査
薗田竜之介・石井孝和
2018年度地域課題探索(自主研究)成果
FY2019-02 北九州港ひびきコンテナターミナルに寄港したクルーズ船の船員の観光行動のオプション価値-CVMによる計測と要因分析から-
亀山嘉大
『海運経済研究』53, pp. 71-80, 2019年(国内学会誌)
FY2019-01 消費者へのアンケート調査にみる決済手段の決定要因
野方大輔・羽石寛志
2018年度地域課題探索(自主研究)成果
2018年度(平成30年度)
No.タイトル/著書Note
FY2018-07 FinTechと株価反応に関する一考察~FF5ファクター・モデルによる検証~
竹村敏彦・武田浩一
FY2018-06 人口減少時代におけるアクセシビリティの改善と人口移動-空間経済学の視点から-
亀山嘉大
『交通学研究』62, pp. 101-108, 2019年(国内学会誌)
FY2018-05 クルーズ船の船員の寄港地(北九州港)における観光行動の規定要因とオプション価値の分析
亀山嘉大・佐伯直克
『海事交通研究』67, pp. 15-26, 2018年(国内査読誌)
FY2018-04 適格消費者団体の設立がもたらす自治体消費者行政に対する影響-「消費者の権利」の観点からの問題整理-
岩本諭
2017年度地域課題探索(自主研究)成果
FY2018-03 Fiscal Consolidation in Parliamentary Democracies: Influence of Political and Budgetary Institutions under Economic Control
Makoto NAKANISHI
2017年度地域課題探索(自主研究)成果
FY2018-02 原子力発電所の再稼働をめぐる立地自治体および周辺自治体による対応のありようとありかた -玄海原子力発電所の再稼働のケーススタディー -
児玉弘
2017年度地域課題探索(自主研究)成果
FY2018-01 地域別・年齢層別に見たFinTechサービス普及に関する分析-QRコード決済サービスを一例として-
竹村敏彦・神津多可思・武田浩一・末廣徹
2017年度(平成29年度)
No.タイトル/著書Note
FY2017-10 佐賀空港におけるインバウンドの拡大とLCC利用者の旅行行動
亀山嘉大
『交通学研究』61, pp.69-76, 2018年(国内学会誌)
FY2017-09 A Note on Anticipated Multiple Role Balance in the Future Workforce: A Case Study in Sri Lanka
Udari, S., SAMARANAYKA and Toshihiko TAKEMURA
『佐賀大学経済論集』51(4), pp. 171-195, 2019年(学内紀要)
FY2017-08 Newly Developed Database of Budget Institutions in 29 Parliamentary Democracies
Makoto NAKANISHI
FY2017-07 中四国・九州地域における自動車部品供給企業の生産性と輸送の関係-マーケットポテンシャルのデータ分析-
亀山嘉大
『海運経済研究』51, pp. 55-64, 2017年(国内学会誌)
FY2017-06 新聞記事とニュースリリースから見る地方銀行のFinTechへの取組みについての動向分析
竹村敏彦・神津多可思
FY2017-05 経営学・法学におけるFinTechに関する研究の第一歩
羽石寛志・児玉弘・野方大輔・竹村敏彦
2016年度 自主研究成果
FY2017-04 経済成長と所得格差-包摂的成長とSMIによる分析-
谷晶紅・中村博和
FY2017-03 大規模地震とリスクについての一考察 ~電力会社とその他企業の分析~
野方大輔
2016年度 自主研究成果
FY2017-02 個人投資家が好ましいと考える物価環境と将来の物価変動率予想の関係
神津多可思・竹村敏彦・武田浩一・末廣徹
FY2017-01 個人投資家の株式保有比率に関する要因分析
竹村敏彦・末廣徹・神津多可思・武田浩一
Takemura, T., Kozu, T., Takeda, K., Suehiro, T., “Positive Analysis on Japanese Individual Investors' Ratio of Risk Asset Holding,” Eurasian Journal of Business and Economics, Vol.11, Issue:21, 69-85, 2018(海外ジャーナル)
2016年度(平成28年度)
No.タイトル/著書Note
FY2016-09 情報セキュリティインシデント被害と組織コミットメントの関係についての実証分析
竹島健人・竹村敏彦
FY2016-08 東アジア地域からのインバウンドと地方公共団体の海外展開
亀山嘉大
『交通学研究』60, pp.55-62, 2017年(国内学会誌)
FY2016-07 Webアンケート調査から見た情報セキュリティ意識・行動についての一考察~地域間比較~
竹村敏彦
2016年度 自主研究成果
FY2016-06 地域産業政策の成果に関するパネルデータ分析
岩橋培樹・亀山嘉大
『応用地域学研究』22, pp. 25-35, 2019年(国内学会誌)
FY2016-05 佐賀県におけるICT利活用促進活動の実証研究
羽石寛志
FY2016-04 電力自由化と株価に関する一考察
野方大輔
FY2016-03 FinTechが地域経済にもたらすインパクト-その展望と課題-
竹村敏彦・ 野方大輔・ 児玉弘・ 羽石寛志
FY2016-02 インバウンドの拡大と地方公共団体の情報発信-中四国・九州地域の事例から-
亀山嘉大・ 侯鵬娜
『経済地理学年報』62(3),pp.191-209,2016年(国内学会誌)
FY2016-01 学術論文の蓄積は産業集積の形成に寄与しているのか
亀山嘉大