佐賀大学経済学部

経済学部 亀山嘉大教授「第27回日本海運経済学会賞」受賞

 経済学部の亀山嘉大 教授が、2018年10月20日に大阪商業大学で開催された日本海運経済学会 第52回研究報告会において、「第27回日本海運経済学会賞(論文の部)」を受賞しました。

【受賞論文】
亀山嘉大(2017)「中四国・九州地域における自動車部品供給企業の生産性と輸送を含むマーケットポテンシャル」『海運経済研究』51, pp. 55-64(2017年10月)

【論文の要旨】
 本稿は、東日本大震災以前の期間を分析対象として、中四国・九州地域における自動車産業の輸送システムと産業集積の関係を分析したものである。空間経済学の視点から、従来の産業立地ポテンシャルをもとに輸送を含むマーケットポテンシャル(MP:Market Potential)に拡張し、輸送費と輸送時間に基づくMPを算出した上で、MPが個々の部品供給企業の生産性にどのような影響を与えているのかを分析した。推定結果から、トラックの輸送費で算出したMPが(中四国・九州地域)における自動車産業の)個々の部品供給企業の生産性に寄与していること、また、一般国道・指定区間という輸送インフラの整備が輸送費を含むMPを介して、個々の部品供給企業の生産性に寄与していることが示された。

【本件に関するお問い合わせ先】

  • 佐賀大学経済学部教授 亀山嘉大
    TEL:0952-28-8447(亀山研究室)
0

ページTOPへ