佐賀大学経済学部

佐賀大学大学院経済学研究科 アドミッション・ポリシー

基本理念

 今日の知識集約社会の発展に即し、より高度な経済学、経営学、あるいはこの両分野に密接に絡む法律学を修得し、様々な組織の意思決定の中心を担える人材を育成します。

教育の目的

金融・経済政策専攻

 国際経済が提起する諸問題を解明すると共に、新しい経済動向に対応した政策立案能力を持ち、計量分析的な思考や手法に精通する人材を育成します。

企業経営専攻

 経営や会計、企業関係法に精通し、新しい経済動向に対応した政策立案能力を持ち、情報処理技術も備えた実践的な人材を育成します。

求める学生像

金融・経済政策専攻

  • 日々変幻進化する経済事象の動きに対し常に鋭敏な関心をよせる人
  • 金融・経済の動向の把握を実践の場に積極的に活かそうとする人
  • 研究活動に専念し着実に研究成果を積み上げていく学問的忍耐力のある人
  • 生涯教育やリカレント教育によって、自己研鑚に励みたい人

企業経営専攻

  • 日々変幻進化する経済事象の動きに対し常に鋭敏な関心をよせる人
  • 企業の内外を取りまく諸問題を把握し実践の場に積極的に活かそうとする人
  • 研究活動に専念し着実に研究成果を積み上げていく学問的忍耐力のある人
  • 生涯教育やリカレント教育によって、自己研鑚に励みたい人

入学者選抜の基本方針

一般選抜

 一般選抜では、大学で勉強した経済・企業経営・法律の分野に関する標準的学力が備わっているかをみます。
 入学者の選抜は、筆記試験(専門科目2科目、外国語1科目)、口頭試問、成績証明書等を総合して判定します。

社会人特別選抜

 生涯教育の一環として設けてある選抜であり、生涯学習に強い意欲を持ち、本研究科の理念に適う学力が備わっているかをみます。
 入学者の選抜は、実務経験に基づいて作成した論文、口頭試問、成績証明書及び提出された研究業績等を総合して判定します。

外国人留学生選抜

 日本経済、世界経済が抱える諸問題の研究に専念できる学力が備わっているかをみます。そのため、日本語による高いコミュニケーション能力のある学生ばかりでなく、英語を高度に理解する学生も受け入れます。
 入学者の選抜は、修学に必要な学力、能力及び専攻する専門分野の内容等について、筆記試験(専門科目1科目、小論文)と口頭試問を行い(何れも英語のみによる受験も可能です)、その他の書類と総合して判定します。

0

ページTOPへ