佐賀大学経済学部

石井孝和(准教授)
いしい たかかず


専門分野財務会計
研究テーマのれん減損情報の有用性に関する研究
担当科目経営分析 国際会計論

ゼミ内容

 企業が行う経済活動は簿記の方法によって記録され、財務諸表という形で公表されることになります。したがって、企業の現状をしっかりと理解するためには、この財務諸表を正しく読み解く能力が必要となってきます。そこで当ゼミでは、まず2年次において貸借対照表や損益計算書といった基本的な財務諸表の読み方及び収益性や安全性等に関する代表的な経営分析指標の意味と算定方法について学んでいきます。そして、そこで身に付けた知識を応用して、3年次ではゼミ生を3〜5人のグループに分けることにより、日本経済新聞社が主催する「日経STOCKリーグ」に参加して知識を深めます。4年次では、これまで培った知識の集大成として、各ゼミ生が興味を持った企業や業界の現状と動向について分析・研究を行い卒業論文としてまとめます。

メッセージ

 会計学は専門用語が多く最初はとっつきにくいかもしれません。しかし、これから社会に出て様々な企業と関わり合いを持っていくことになる学生の皆さんにとって、ここで身に付けた知識や技能は将来必ず役に立っていくことでしょう。自らが疑問に思ったことについて能動的に調べ、考え、まとめていく能力を養いながら、有意義な大学生活を送っていっていただきたいと思います。

ホームページ

佐賀大学教員総覧

0

ページTOPへ