佐賀大学経済学部

キャンパスライフ・羽石ゼミ

ITで、企業や生活がどう変わったのか。

羽石
 私のゼミでは、経営情報システムについて勉強しています。ITやICTと略される情報通信技術で、人や企業が、どう変わってくるか?また身近なところでいうと、ケータイの普及によって、コミュニケーションがどう変わったのか?などについて学びます。
井上
 情報通信技術を使って、企業は様々な効率化を図ったりしているんですけど、このような経営の仕組みがわかっておもしろいです。
桑鶴
 ケータイや携帯型デジタル音楽プレーヤーなどの情報通信技術の普及により、若者の音楽購入方法が変わったのではないか?などを研究しています。
荒牧
 専門用語が多いので、それを覚えないと授業についていけないという大変さはありますけどね。
川崎
 経営情報システムの勉強は、いろいろな種類の会社について知ることができるので、就職活動をするときにも役に立ちました。
summer-town.jpg
羽石
 就職活動のサポートをしてあげたい、という気持ちは強いんですよ。OBなど、実際働いている人を招いて懇親会を開いたりしています。みんなに、社会とのつながりを持ってもらいたくて。
川崎
 僕は先日、内定をいただいたのですが、先生には本当にお世話になりました。昔から好きだった飛行機に関係ある仕事に就けて、大変うれしいです。
羽石
 大学は、高校までの環境とは違うよね。そのあたりの感想は?
荒牧
 大学は高校と違って、開放感があります。自分の好きなことを勉強できます。ただ、あれこれ指示されることはないので…
井上
 自分でやりたいことを見つけ、自分でがんばらないと。何をするにしても、自分次第だと思います。
桑鶴
 出身地が違う人と知り合えるのも、大学ならでは。地方によって価値観が違ったりするのでおもしろいです。またアルバイトを通し、いろいろな年齢の人と接することで、視野が広がりました。
羽石
 大学は、自由なところなので、何でもできる。ただ大学生の間に何かひとつでも一生懸命になれるものを見つけてほしいなと思います。アルバイトでも、恋愛でも。もちろん勉強に一生懸命なのが一番よいけれど(笑)
荒牧
 僕は「自分の店を出したい」という夢があるんですよ。その店が軌道に乗って、チェーン店展開をできるくらい大きくなったら、ここで学んだ経営学を活かせますしね。
羽石
 みんなには、それぞれ夢があると思うけど、大切なのは、その夢に向けて具体的な目標を掲げること。5年後はどうなりたい、10年後は…というように、将来のビジョンをしっかり描いて、それに向かってがんばってほしいと思います。

小川ゼミへ

0

ページTOPへ