佐賀大学経済学部 Faculty of Economics. Saga University

地域連携

みんなの大学

2008年度(平成20年度)に開講したみんなの大学は、市民の方を対象とした公開講座です。開講以来、佐賀大学の教職員や学生、さらには、政財界やNPOを含む各種法人などで活躍されている地域の方々を講師にお招きして、多様な分野から話題をご提供いただき開講してきました。2009年度(平成21年度)後期から2012年度(平成24年度)にかけて、鳥栖商工会議所を会場にした「みんなの大学(鳥栖)」もあわせて開講してきました。2016年度(平成28年度)から、それまで経済学部地域経済研究センターの主催事業でしたが、経済学部の主催事業として開講していくことになりました。詳細は、佐賀大学地域創生推進センターのホームページの佐賀大学公開講座をご覧ください。


みんなの大学の実績は、これまでの時間割をご覧ください。

佐賀地域経済研究会

1989年(平成元年)に発会した佐賀地域経済研究会は、「佐賀県内における地域経済問題に関する情報交換、研究を行うことにより地域の振興に寄与すること」を目的に活動を続けています。2019年(令和元年)7月現在、県内10市(佐賀市、唐津市、鳥栖市、多久市、伊万里市、武雄市、鹿島市、小城市、嬉野市、神埼市)の企画担当課、九州経済連合会佐賀地域委員会、佐賀大学経済学部地域経済研究センターの12の団体会員、ならびに、数名の個人会員が参画しています。詳細は、佐賀地域経済研究会のホームページをご覧ください。

ウォッチング佐賀

1990年度(平成2年度)~2015年度(平成27年度)にかけて実施してきたウォッチング佐賀は、学生と市民の方を対象とした実地研修でした。当初、学生を対象として実施していましたが、2000~2007年度(平成12~17年度)にかけて、学生向けと市民向けのものを実施してきました。2008~2009年度(平成18~19年度)にかけて、学生向けと市民向けのものに加えて、高校生向けのものを設け、3つの実地研修を平行して実施してきました。2010~2015年度(平成22~27年度)にかけて、学生と市民の方が一緒に参加する実地研修として実施してきました。2016年度(平成28年度)から、その趣旨をゼミ・プロジェクト研究(2017年度(平成29年度)に学生チャレンジ地域連携プロジェクトへ名称変更)に発展させて、地域経済研究センターの新たな主催事業として実施していきます。

ウォッチング佐賀の実績は、これまでの研修先をご覧ください。